2006年01月26日

1月24日記事の続き…?!

アルバイト…?!
今日のお話しは、一昨日の記事に関して、皆さんからいただいたご質問にお答えするものです。
というのも、この記事に対してはたくさんのコメント・ご質問(メールを含む)をいただきました。ありがとうございます!


では、今日のお話し、一昨日の記事 『複数の会社で働いている従業員への割増賃金』に関するご質問と社労士“K”の回答に興味がある!という方は続きを読んでくださいね…。


質問
後から労働契約したのがバイト先だったら、バイト先が支払わなければならなくなりますよね? ケースとしてはこちらの方が多いのでは? 2006年01月25日 12:57 nobuさんより

答え
その通りです。後から労働契約したのがバイト先ならばバイト先の会社が割増賃金を支払わなければなりませんので、時給800円で雇ったのであれば、1000円以上の時給で計算しなければなりません。nobuさん、確かにこっちのケースの方が多いですね…。


質問
この場合、36協定は必要ですか? 2006年01月25日 16:58 たちゅさんより

答え
もちろん36協定(時間外・休日労働に関する協定届)が必要です。ちなみに昼間の会社で必要になります。


質問
労働時間を通算する根拠を教えてください。 2006年01月25日 18:29 IT会社の総務さんよりメールにて

答え
労働基準法第38条に次のように定められています。「労働時間は、事業場を異にする場合においても、労働時間に関する規定の適用については通算する」


質問
割増賃金の計算はどうするのですか? 2006年01月25日 22:02 建設業経理部YTさんよりメールにて

答え
これはちょっとレベルの高い質問でした。この場合、割増賃金を支払う事業場(昼間の会社)が計算することになり、他社(アルバイト先)の賃金は考慮しないことになります。


質問
このようなことにならないような対策は? 2006年01月25日 23:47 ミクシィからの訪問者Tさんより

答え
雇う際に、他社で働いていないか確認するしかありません。


今日の記事を読んで「やっぱり労働法って難しい!」 と思った方は、このブログを応援してくださいね!

【応援の方法】
下のピカピカ点滅するボタンをクリックすると、ブログランキングサイトへ飛びます。すると私にポイントが加算され、ポイントが上がると私は「今日も応援してくれた人がいる。もっと頑張らねば!」と思い込み、明日もブログを更新してしまう!という仕組みです。
  
にほんブログ村に一票にほんブログ村へ一票!


人気blogランキングに一票人気ブログランキングへ一票!


このブログは≪開業たまごクラブ≫に参加しています!

mixi(ミクシィ)はじめました♪

こちらもよろしく⇒【社労士試験圧勝ブログ!!
  試験に役立つ用語集更新しました!


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ビジネス  [ blolog〔ビジネスマネー〕 ]   2006年01月26日 01:17
社会保険労務士(補助者)の事件簿様トラックバック、ありがとうございました。blolog〔ブロログ〕では、カテゴリー別にトラックバックを募集中です。他のカテゴリーへも、お気軽にトラックバックして下さい、お待ちしております。

この記事へのコメント

1. Posted by さとし   2006年01月26日 08:19
え〜、先日、卒論を完成させました。
私が卒論のテーマに選んだのは「労働基準法」。
しかも、今回“K”さんが取り上げている労働時間などを重点的に。
まぁ、私のはいろんな参考文献からの切り貼りですが^^;

なので、「複数の会社で働いている従業員への割増賃金 」、
大変興味深く読ませていただきました。

みなさんからの質問も多かったようですね。

やはり私も含め、みなさん気になるところなんですねぇ。

2. Posted by 魚   2006年01月26日 09:08
G君の勝手な都合でアルバイトをしているのに、昼間の会社は割増賃金を払わなくちゃいけないんですね・・・複雑ですね・・・
3. Posted by トプログ   2006年01月26日 12:34


新しいブログランキング「トプログ」がスタートしました !

↓↓現在「参加ブログ募集中」です。
http://toplog.jp/?cid=taka
──────────────────────────
▼▼▼▼▼▼▼ ブログ登録3大メリット ▼▼▼▼▼▼
(1)月間総合ランキング1位に10万円贈呈!
(2)週間総合ランキングTOP 20のブログを毎週「各
   マスコミ・メディアにプレスリリース」致します。
(3)あなたのブログへのアクセス数が飛躍的にUP!
──────────────────────────
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
↓あなたのブログも是非、参戦登録して下さい。(無料)
http://toplog.jp/?cid=taka
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
↑ パソコン・モバイルのどちらからでも登録可能です!

4. Posted by nobu   2006年01月26日 13:18
質問への回答ありがとうございます。
雇う方から見ると、複数の会社と労働契約を(たとえアルバイトであろうと)結ぶ社員は、トラブルの元になりそうですね・・・。
就業規則に「会社の許可なく他社と労働契約を結ばない」という条項があるのは、こういったことを未然に防ぐ意味合いがありそうですね。
5. Posted by ハゼ   2006年01月27日 00:25
Kさん、こんにちは。

おそらく当社の労務担当者も、この様な割増賃金についての概念はしらないでしょうね。

Kさんのブログは労務面で勉強になることばかりです。ありがとうございます。

こんばんは♪

SUPERプラス思考↑不死身の公認会計士 伊豆川裕之 です。

ほ〜〜! こういう質問形式のブログもいいですねえ。

僕も質問コーナーみたいのを作ろうかなあ。

愛言葉行きま〜す、ポチッと!
7. Posted by さとしさんへ   2006年01月27日 00:51
卒論! お疲様でした。
残りの学生生活を超エンジョイしてくださいね…。
8. Posted by 魚さんへ   2006年01月27日 00:55
確かに複雑ですね…。
でも、それ以前に「夜アルバイトしてますから、割増賃金ください!」なんて言えないですよね…。
9. Posted by トプログさんへ   2006年01月27日 00:56
せっかくのお誘いですが…、登録はしません!
10. Posted by nobuさんへ   2006年01月27日 00:59
そうですね!就業規則での副業禁止の規定の意味は、こんなところにもあります。
でも、最近の判例では、副業が認められつつあるんですよ…。
11. Posted by ハゼさんへ   2006年01月27日 01:02
知らないからこそ、ビックリですよね!
他社でバイトしてますというだけでもまずいと思うのに、割増賃金くださいでは…、思わず「クビだーっ!」なんて言っちゃいそうですよね。

※こちらこそいつもコメントありがとうございます!
12. Posted by 伊豆川さんへ   2006年01月27日 01:04
伊豆川さん、質問コーナーですが、是非!作ってください。
会計士さんに聞きたいこと、山ほどありますので… 笑

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
↓ 3秒で終了!!
Profile

koi2359

リンク用バナー、etc…
★リンク用バナーです…
読めば分かる社労士の仕事


★メールもどうぞ…
お問合せは…


相互リンクサイト

ブログパーツ



気になるお天気


-天気予報コム- -FC2-