2006年02月14日

小林一茶に学ぶ…?!

叱られる子 羨やまし 年の暮れ』(くり返す)


これは、小林一茶が晩年に読んだ句です。北信州の山深い里で、子供が親に叱られている光景を見ながら「今の私には叱ってくれる親も、兄弟も妻もいない」という孤独な心境を俳句にしたものと言われています。

この句を読んで、皆さんはどのように感じたでしょうか?

叱ってくれる人や注意・忠告をしてくれる人がいるということは、実は、幸せなことなのかもしれませんね…。


この句を読んで「今日も上司に叱られたが、これは幸せなことなんだ!」と気持ちを切り替えられた方は、このブログを応援してくださいね!
  
人気blogランキングに一票人気ブログランキングへ一票!


にほんブログ村に一票にほんブログ村へ一票!


こちらもよろしく⇒2006.2.13更新社労士試験圧勝ブログ!!

koi2359 at 01:05│Comments(8)TrackBack(1)その他 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ビジネス  [ blolog〔ビジネスマネー〕 ]   2006年02月14日 01:26
社会保険労務士(補助者)の事件簿様トラックバック、ありがとうございました。blolog〔ブロログ〕では、カテゴリー別にトラックバックを募集中です。他のカテゴリーへも、お気軽にトラックバックして下さい、お待ちしております。

この記事へのコメント

1. Posted by 株式公開入門Navi   2006年02月14日 07:18
>叱られる子 羨やまし 年の暮れ
『親孝行 したい時に 親はなし』

 目の前にあると、なかなかそのありがたさがわからないものですね。まだまだ修行が足りんです。
 今日は、バレンタインだ!かーちゃんにカーネーションでも渡そう。

 ん?!? なんか違うよな
こんにちは♪

SUPERプラス思考↑不死身の公認会計士 伊豆川裕之 です。

僕は父親からは今でも叱られます。

「男ならスジを1本通せ」と。

僕はフニャフニャ人間なので。

ポチッと!
3. Posted by nobu   2006年02月14日 12:59
叱ってくれてありがとうございます、って境地になれたらいいですよね。でも難しい・・。
ところで、今日のKさんなかなか風流じゃないですか?!
4. Posted by 株式公開入門Naviさんへ   2006年02月14日 21:12
カーネーションはお渡しできましたか?
(確かに、なんか違う気が…)
5. Posted by 伊豆川さんへ   2006年02月14日 21:14
フニャフニャ人間そうには、まったく思えないのですが…。
6. Posted by nobuさんへ   2006年02月14日 21:16
風流ですか?
たまにはこうゆう記事も良いかと思いまして…。

それから、そうそう毎日事件ばかりという訳ではありませんので…。
7. Posted by 社会保険労務士d.u.    2006年02月15日 21:44
特に、親しい人(親、兄弟、友達、恋人、士業仲間)からの「お叱り」は、心にグッ!!!ときます。。。。でも、ありがたいものですよね。
8. Posted by 社会保険労務士d.u.さんへ   2006年02月16日 00:47
そうですね!「お叱り!」をありがたいと思う気持ちが大切だと思います…。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
↓ 3秒で終了!!
Profile

koi2359

リンク用バナー、etc…
★リンク用バナーです…
読めば分かる社労士の仕事


★メールもどうぞ…
お問合せは…


相互リンクサイト

ブログパーツ



気になるお天気


-天気予報コム- -FC2-