2006年03月16日

短時間正社員制度…?!

短時間正社員今日は『短時間正社員制度』というお話です。
この質問は、クライアント先であるT社(コンピュータソフトウェアの開発業、社員18名)の社長さんからいただいたご質問に関するものです。

T社社長:「実は今日、同業社仲間の会合があり、友人であるY社のF社長と人材の活用について情報交換をしていたのですが、会話のなかでF社長が『短時間正社員制度』というものを導入したと言っていました」「名前から大体の察しはつくのですが、『短時間正社員制度』とはいったいどのようなものなのでしょうか?」

では、今日のお話し短時間正社員制度とは…?!について興味がある!という方は続きを読んでくださいね。


短時間正社員制度とは…

短時間正社員制度とは、フルタイム正社員とパートタイム非正社員の間で、中間的な働き方をする社員のことを言います。
「仕事か家庭か」の二者選択ではなく、最近では「仕事も家庭も」という人が増えていますが、働く時間を減らしたければパート勤務に、という常識を覆し、正社員の身分のまま、勤務日数や1日の労働時間を減らした勤務制度を『短時間正社員制度』と言い、日本IBM(東京都港区)などが、いち早く取り入れています。(参考記事:2004年10月25日読売新聞)

短時間正社員制度を取り入れる理由としては、‘く側の多様化が進んでいること(⇒柔軟な就業条件により労働力を確保する)、△茲蠕儷謀な女性社員の活用を図ること(⇒男=正社員、女=パートという考え方は崩壊しているため)などが挙げられます。


今日のお話しを読んで「これからの企業たるもの、優秀な人財の確保・定着のためには、仕事と家庭の両立に向けた取組みが必要なのかも!」と感じた方は、このブログを応援してくださいね。
  
ブログ村に一票(ベンチャー部門にお引越ししました)にほんブログ村へ一票!


人気blogランキングに一票人気ブログランキングへ一票!


このブログは≪開業たまごクラブ≫に参加しています!

mixi(ミクシィ)やってます♪

こちらもよろしく⇒【社会保険労務士試験圧勝ブログ!!


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by nobu   2006年03月17日 13:04
これは初めて知りました(勉強不足です・・・)。
優秀な人材を確保するためには、企業もあの手この手ですね。
今日の記事、ファイルしておかなくっちゃ
こんばんは♪

SUPERプラス思考↑不死身の公認会計士 伊豆川裕之 です。

すみません。忙しすぎて。。。応援して帰ります、ポチッと! また来ますネ☆
3. Posted by nobuさんへ   2006年03月18日 12:13
そうですね!
これからの時代、働く側のことをもっともっと考えなければならないと思います。
そして、そうすることが、人の定着⇒企業の発展につながるのだと思います。
4. Posted by 伊豆川さんへ   2006年03月18日 12:15
お忙しいなかでの“愛言葉”(ポチッと)、ありがとうございました。
5. Posted by 社会保険労務士”D”   2006年03月18日 20:12
「短時間正社員制度」。ほんと、最近、働き方が多様化していますよね・・・。「副業」「在宅勤務」「紹介予定派遣」「派遣」「請負・業務委託」「契約社員」「パート・アルバイト」「準社員」などなど・・・。はたく側も、各々のメリット、デメリットをよく勉強しておく必要がありますよね。特に、今、派遣でよくトラブルになっている話を聞きます。
6. Posted by 社会保険労務士”D” さんへ   2006年03月19日 23:00
そうですね!
現場で感じることは、働く側の知識が、雇う側の知識を超えつつあるという点ですね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
↓ 3秒で終了!!
Profile
リンク用バナー、etc…
★リンク用バナーです…
読めば分かる社労士の仕事


★メールもどうぞ…
お問合せは…


相互リンクサイト

ブログパーツ



気になるお天気


-天気予報コム- -FC2-