社労士の仕事

2006年05月03日

外国人の雇用に関するQ&A

外国人の雇用について、あれこれ…
ゴールデンウィーク真っ只中ですが…、みなさんはこの連休をどのように過ごされていますか?

ブログの更新が、4月27日以来となってしまった社労士“K”ですが、すっかり休みモードに入り、バカンス中でも、サボっていた訳でもありません。社労士という仕事は、休みがあっても仕事が減るものではありません。休んだら休んだ分、どこかにシワ寄せがくるもので、昨日までは目一杯の残業、必死の思いでシワ伸ばしをさせていただいておりました。


ということで、約一週間ぶりの投稿ですが、このGW中は、前から取り上げていた「外国人の雇用について」、シリーズ化してまとめていきたいと思います。連休中の眠れない夜にでも、サラッと読んでくださいね!


外国人の雇用に関するQ&A

 ★外国人を雇用するにあたって…?!
 ★入管法上、就労が認められる在留資格とは…?!
 ★日系人には就労制限がないの…?
 ★「短期滞在」の在留資格の外国人を雇い入れたいが…?! New!
 ★外国人の在留に関しての身元保証とその責任…?! New!
 ★卒業見込みの留学生を採用したいが…?! New!
 ★在留資格の変更手続きは代理人でもできますか…?! New!
 ★資格外活動許可って…?? New!


これらの記事[Q&A]が少し役に立った!という方は、このブログを応援してくださいね…。
   
 人気blogランキングに一票  にほんブログ村に一票


〜別館ブログのご案内〜
 社会保険労務士試験圧勝ブログ!!
  試験突破の秘訣を、現役社会保険労務士が公開中!

2006年05月02日

資格外活動許可って…??

質問

資格外活動許可とは、どのようなものでしょうか?


この質問に関する答えを知りたい!という方は、続きを読んでくださいね。
続きを読む

2006年05月01日

在留資格の変更手続きは代理人でもできますか…?!

質問

外国人の在留資格の変更や在留期間の更新手続きは、本人以外(代理人)でもできますか?


この質問に関する答えを知りたい!という方は、続きを読んでくださいね。
続きを読む

2006年04月30日

卒業見込みの留学生を採用したいが…?!

質問

大学を卒業予定の外国人留学生を雇い入れたいのですが、入管法上、どのような手続きが必要なのでしょうか?

※入管法とは、正式名称「出入国管理及び難民認定法」のことです。


この質問に関する答えを知りたい!という方は、続きを読んでくださいね。
続きを読む

2006年04月29日

外国人の在留に関しての身元保証とその責任…?!

質問

外国人の在留に関して身元保証が求められる場合があると聞きましたが、どのような「在留資格」の場合、身元保証人を求められるのでしょうか? また、身元保証人となった場合、入管法上、その責任の範囲はどこまで問われるのでしょうか?

※入管法とは、正式名称「出入国管理及び難民認定法」のことです。


この質問に関する答えを知りたい!という方は、続きを読んでくださいね…。
続きを読む

2006年04月28日

「短期滞在」の在留資格の外国人を雇い入れたいが…?!

質問

知人の紹介で「短期滞在」の在留資格で滞在している外国人(アメリカ人)を、当社の海外進出戦略要員として雇い入れたいのですが…、在留資格の変更は可能でしょうか? 入管法上、どのような手続きが必要になるのでしょうか?

※入管法とは、正式名称「出入国管理及び難民認定法」のことです。


この質問に関する答えを知りたい!という方は、続きを読んでくださいね…。
続きを読む

2006年04月27日

日系人には就労制限がないの…?

今日は『日系人には就労制限がないの…?』というお話しです。

というのも、先週、“外国人を雇用するにあたって…?! ”(4月20日)、“入管法上、就労が認められる在留資格とは…?!”(4月21日)という外国人の雇用に関する記事を書きましたが、この記事を読んでくれた読者のSさんより、『日系人を雇入れようとしているのですが、日系人の場合には就労に制限がないのですか…?』というご相談メール(ミクシィ上でのメール)をいただきましたので、今日はSさんのご質問にお答えしたいと思います。

では、今日のお話し日系人には就労制限がないの…?に関する社労士“K”の回答に興味がある!という方は、続きを読んでくださいね…。


※労働・社会保険、人事・労務に関するご相談がある方は、お気軽にコメントまたはメール(shakaihokenroumushi_k@ybb.ne.jp)をくださいね! 只今、開業前につき無料相談受付中です(開業したら報酬いただきますからね… 笑)

続きを読む

2006年04月25日

有休とったら、皆勤手当を減額…?!

運送業今日は『有休の取得と精皆勤手当の減額』というお話しです。

実はこのお話し、運送業を営むH社の社長さんからのご質問で…、「現在皆勤手当として10,000円を支給していますが、これを20,000円に引上げる代わりに、これまでは有給休暇を取得しても支給してきた皆勤手当を、有休の取得日数にかかわらず、5,000円減額したいと考えています。減額してもこれまで以上の額(15,000円)は支払うことになりますので、問題はないと考えていますが、いかがなものでしょうか?」


では、今日のお話し有給休暇取得による精皆勤手当の減額は許されるのか…?に関する社労士“K”の見解に興味がある!という方は、続きを読んでくださいね…。

続きを読む

2006年04月24日

休暇中に業務連絡…?!

電話今日は『休暇中の業務連絡…?!』というお話しです。

実はこの質問、クライアント先の社員からの質問で、「社長から、休暇中であっても会社に連絡を入れるように言われたのですが、これって義務なんでしょうか?」「たまの休暇くらい、仕事のことを忘れたいのですが…」

では、今日のお話し会社は休暇中の社員に業務連絡を強制できるのか?!に関する社労士“K”の判断を知りたい!という方は続きを読んでくださいね…。

続きを読む

2006年04月21日

入管法上、就労が認められる在留資格とは…?!

今日は『外国人を雇用するにあたって…?! その2』というお話しです。
というのも、4月20日に『外国人を雇用するにあたって…?! 』という記事を書いたところ、このブログの読者から次のような質問メールをいただきました。

今日の質問入管法上、就労が認められる在留資格にはどのようなものがありますか…?!?

では、今日のお話し入管法上、就労が認められる在留資格…?!についての社労士“K”の回答が気になる!という方は続きを読んでくださいね…。

※入管法とは、正式名称「出入国管理及び難民認定法」のことです。


続きを読む

2006年04月20日

外国人を雇用するにあたって…?!

外国人今日は『外国人を採用するにあたって…?!』というお話しです。

実はこのお話し、翻訳業を営むA社の総務部長さんからの質問です。



今日の質問外国人を雇用する場合、入管法上どのような制限があるのでしょうか?また、雇入れようとしている外国人が就労できるかどうかを判断するためにはどのような方法があるのでしょうか?

では、今日のお話し外国人を雇用するにあたって、まず確認すべきこと?!に関する社労士“K”の回答を知りたい!という方は、続きを読んでくださいね…。

続きを読む

2006年04月19日

玄関先で転倒…、これって通勤災害?!

ケガ今日は『転んじゃった…』というお話しです。

実はこのお話し、たった今起きてしまった、なんともお間抜けさんな自分のお話しです。

というのも、連日の大残業で体がお疲れなのか、マンションに着き、自分の部屋のドアを開け中に入ろうとした際に、玄関の段差でつまずき転倒、膝をすりむいてしまいました…。

では、今日のお話し玄関先で転倒…、これって通勤災害?!に関する社労士“K”の判断について知りたい!という方は続きを読んでくださいね…。続きを読む

2006年04月16日

海外出張へ行った社員が伝染病に感染…?!

海外出張今日は『海外出張から帰ってきた社員が伝染病に感染していたら…』というお話しです。

実はこのお話し、S県に本社があるA社での出来事で、海外出張から帰ってきた社員が体調不良を訴えてきたので病院へ行かせたところ、伝染病に罹っていることが判明、業務上による疾病として労災扱いとなるのか…?というものです。

では、今日のお話し社員が海外出張中に伝染病に罹患した場合、労災認定されるのか?についての社労士“K”の判断に興味がある!という方は続きを読んでくださいね…。

続きを読む

2006年04月14日

健康診断を拒否する社員を懲戒処分…?!

健康診断今日は定期健康診断の受診を拒否してきた社員を懲戒処分できるのか…?!というお話しです。
実はこのお話し、本日伺ったG社(健康食品の通信販売業)の総務部長さんからの質問です。

G社総務部長「ある社員が、放射線による身体への影響を理由に、健康診断の受診を拒否してきたのですが、会社としてどのように対応すべきか? また、どうしても受診しないような場合には、懲戒処分をすることができるのでしょうか…?」

では、今日のお話し『胸部X線検査の受診を拒否してきた社員を懲戒処分できるのか?』についての社労士“K”の判断が気になる!という方は続きを読んでくださいね…。

続きを読む

2006年04月11日

終業時刻のみフレックス…?!

通勤今日は『朝は通常出勤、帰りはフレックス』というお話しです。

この質問は、昨日の記事のなかでも登場したIT企業を経営する友人からの連日の相談(無料)に関するものです。

友人「ねぇ、ちょっと教えてよ。最近疲れている社員が目立つから、朝は全員9:00出勤、ただし、終業時刻は各自で管理してもらうというフレックスタイム制にしようかと考えているんだけど…、なんか問題ある?」

では、今日のお話し終業時刻のみフレックスという制度は導入できるのか?に対する社労士“K”の判断について知りたい!という方は続きを読んでくださいね…。


続きを読む

2006年04月10日

初任給が低い・・・?!

初任給今日は『求人内容と違う!』というお話しです。
このお話しは、高校時代の友人であり、現在IT関連の会社を経営している友人から相談を受けたもので、「新聞の求人広告を見て応募してきたAを採用したところ、実際の初任給が求人広告に出ていた金額より安い!とクレームがあったのだが、これって違法なことなの…?!」というものです。

では、今日のお話し求人内容を下回る条件での雇用契約は違法か…?!についての社労士“K”の判断を知りたい!という方は続きを読んでくださいね…。

続きを読む

2006年04月06日

月100時間超の時間外労働…?!

残業、残業、大残業今日は『平成18年4月1日より施行された改正安衛法』に関するお話しです。

実はこのお話し、顧問先である人材派遣会社のスタッフ管理室室長さんからいただいたご質問です。

室長「この4月に労働安全衛生法が改正され、月100時間超の時間外労働が発生した場合、“事業者”は健康診断を実施する義務が創設されたと聞きましたが、派遣しているスタッフがこのような残業を行った場合、健康診断を実施する義務があるのは、派遣元である当社なのでしょうか?それとも派遣先(ユーザー側)の会社なのでしょうか?」

では、今日のお話し過重労働が発生した場合の健康診断を行う義務があるのは派遣元か?それとも派遣先か?についての社労士“K”の対応を知りたい!という方は続きを読んでくださいね…。

続きを読む

2006年04月05日

社員が逮捕拘留されたが…?!

逮捕拘留今日は『社員の私生活上の非行に対して懲戒処分を行うためには…?!』というお話しです。

というのも、最近この手の質問や問合せを多くいただいております。「社員がストーカー行為で逮捕されたが…」、「社員が道路交通法違反で略式命令による罰金刑を受けたが…」などなど、社員の私生活上の非行を理由に会社が懲戒処分(本音を言えば“解雇したい!”ということでしょう)を行うことは可能か?というものです。

では、今日のお話し社員が逮捕拘留された場合に、会社は懲戒処分を行うことができるのか?についての社労士“K”の判断を知りたい!という方は続きを読んでくださいね…。


〜続きを読む前に〜
昨日の記事の答えです。大入り”も“税金補助”も“社会保険手当”も…、すべて賃金です。 根拠:労基法第11条、昭63.3.14基発150


続きを読む

2006年04月04日

持株奨励金は賃金?

「大入り」は賃金…?!今日は『持株奨励金は賃金?』というお話しです。

この質問は、休み明け、旅行ボケでまだ頭の冴えない本日(しかも朝一番)に、クライアント先であるベンチャー企業の社長さんから頂いたお問合せです。

では、今日のお話し持株奨励金は賃金か?についての社労士“K”の判断を知りたい!という方は続きを読んでくださいね…。


〜お知らせ〜
ブログ仲間である株式公開入門NaviさんのHPで、当ブログが“今月のおすすめ”として採り上げられています(感謝)。株式公開入門NaviさんのHPは、株式の公開準備作業に関する解説をされているホームページで、ヤフーの登録サイトでもあります。株式公開について勉強したい!という方は隅から隅までご覧になってくださいね(とっても勉強になりますよ!)。なお、これからの社会保険労務士ならば、株式公開に必要な社内規程のあたりは押さえておいて欲しいところです…。


続きを読む

2006年03月31日

給与支払日を変更する際の留意点…?!

給料日今日は『給与支払日の変更』というお話しです。

というのも、最近このブログを読んでくれている友人(某商事会社で経理を担当しています)から、「社長に給与支払日を変更するように言われたんだけど、なんか問題ある?」という質問メールがありました。

では、今日のお話し給与支払日を変更する際の留意点について興味がある!という方は続きを読んでくださいね…。


〜続きを読む前に〜
昨日の記事が、過去最高の訪問者を記録しました(500ユニークユーザー・650ページビュー)。これも、いつも来てくださっているみなさんのおかげです。今日も感謝です。いつもありがとうございます。


続きを読む

2006年03月28日

転勤に伴う費用負担は課税されるの…?!

引越し今日のお話しは、昨日の続きになります。

実は今日、昨日相談を受けたI社の総務部長さんから、「おかげさまで、彼女が転勤を承諾してくれました!」という電話がありましたが、私への報告がてら次のようなご質問をいただいてしまいました…。

I社の総務部長「ところで“K”先生、彼女の転勤費用を会社が負担してあげようと考えているのですが、転勤に伴う費用負担は給与等として課税されるのでしょうか?」

では、今日のお話し転勤に伴う費用負担は課税されるの…?!についての社労士“K”の回答に興味がある!という方は続きを読んでくださいね…。

続きを読む

2006年03月27日

転勤は強制できるのか…?!

子育て今日は『転勤の強制は法律違反か…?!』というお話しです。

今日の質問は、クライアント先であるI社の総務部長さんからのもので、なんでも女性社員に転勤の打診をしたところ、「まだ子供が小さいので、ちょっと…」と難色を示されたそうです。会社としては他に適切な人材がいないことから、なんとかこの女性社員を説得したいと考えているようです。

では、今日のお話し小さな子供がいる社員への転勤の強制は法律違反か…?!についての社労士“K”の判断を知りたい!という方は続きを読んでくださいね…。

続きを読む

2006年03月22日

職場での“いじめ”問題

パワー・ハラスメント今日は『職場での“いじめ”問題』に関するお話しです。
実は今日、顧問先であるH社のY社長さんからメールがあり、「職場のなかで特定の社員に対する“いじめ”があるようなのだが、どのように対応すべきか?」という相談でした。

では、今日のお話し『職場での“いじめ”問題』(パワー・ハラスメント)についての社労士“K”の対応について興味がある!という方は続きを読んでくださいね…。

続きを読む

2006年03月16日

短時間正社員制度…?!

短時間正社員今日は『短時間正社員制度』というお話です。
この質問は、クライアント先であるT社(コンピュータソフトウェアの開発業、社員18名)の社長さんからいただいたご質問に関するものです。

T社社長:「実は今日、同業社仲間の会合があり、友人であるY社のF社長と人材の活用について情報交換をしていたのですが、会話のなかでF社長が『短時間正社員制度』というものを導入したと言っていました」「名前から大体の察しはつくのですが、『短時間正社員制度』とはいったいどのようなものなのでしょうか?」

では、今日のお話し短時間正社員制度とは…?!について興味がある!という方は続きを読んでくださいね。

続きを読む

2006年03月11日

通りすがりんさんへ

先日、『男は月給、女は時給…?!』 (2006年03月09日)という記事を書いたところ、通りすがりんさんから次のようなご質問をいただきましたので、お答えしておきたいと思います。


通りすがりんさん:「暦の日数によっては、時給で働いた方が得をする(給料が多くなる)場合があるかと思いますが…、そのような場合も差別的な取り扱いになるのでしょうか?」

社労士“K”:「確かに、暦の日数(多分その月の所定労働日数のことを言われているんだと思いますが…)によっては、時給や日給で働いた方が、その月の給料が月給者を超えるケースがあります」「しかし、本文の最後に補足しておいたように、どちらかを(今回のケースでは女性を)優位に取り扱うことも差別的取り扱いに該当しますので、違法と判断されるでしょう…」


お答えにご満足頂けましたら…、是非、一票を!
 にほんブログ村ベンチャー部門へ一票  人気blogランキングに一票


2006年03月10日

地下駐車場の管理業務は有害なの…?!

車・車・車今日のお話は、弊所の顧問先でホテル業を営む会社の総務部長さんからのご質問です。

総務部長「先日、当社が経営するホテルに労働基準監督署の立入り調査が入り、監督官から『地下駐車場で働くスタッフの時間外労働は1日2時間までとすること』という是正勧告を受けましたが…、正直、なぜ? 地下駐車場の業務に関してはこのような制限があるのかが分かりません。その場では『ハイ、ハイッ!』と素直に返事をしましたが、どうも納得がいきません。土日などはお客様の出入りが多いため、3〜4時間くらいの残業は頻繁に発生しています…」「なお、当ホテルの駐車場は、地下と言っても換気は万全だし、明るく、常に清潔に保たれています…」

では、今日のお話し地下駐車場で働く社員には2時間までしか残業をさせられないの…?!についての社労士“K”の判断は続きを読んでくださいね…。

続きを読む

2006年03月09日

男は月給、女は時給…?!

製造ライン今日は、新しいお客様で、先月より顧問契約をさせていただいたU社(金属製品製造業、社員80名)のお話しです。


U社の総務部長Yさんからのご相談
「これまで当社の製造部門では、男性中心の採用を行ってきました。しかし、近年、男性の応募者が減少傾向にあり、もっと積極的に女性を採用していかなければならないと考え、社長に提案をしたところ…、社長から女はすぐ休むから、月給ではなく時給にしろ!との厳しい指示を出されてしまい、少々戸惑っています。男性スタッフは月給制、女性スタッフは時給制として採用することは可能でしょうか? なお、担当する仕事は男も女も同じです」

では、今日のお話し男は月給、女は時給?!についての社労士“K”の判断を知りたい!という方は続きを読んでくださいね…。

続きを読む

2006年03月07日

間に合った…?!

走る、走る、走った!間に合った!、今日はこのひと言につきる激動の一日でした。今日は走りに走り、走りました。

というのも…、激動の一日は今朝一番でかかってきた顧問先のF社社長からの電話からはじまりました…。

では、平成18年3月6日、社労士“K”の激動の一日について知りたい!という方は続きを読んでくださいね…。


続きを読む

2006年03月02日

奉仕活動も労働時間…?!

奉仕活動今日は、ご近所で古くからお付き合いをさせていただいている不動産会社のG社長さんからいただいたご相談に関するお話しです。

G社長:『当社では、企業のイメージアップや住民との融和を図るため、会社の向かいにある神社の清掃活動を毎週木曜日の朝(始業前30分間)に行っていますが…、一部の社員から「この清掃活動は業務命令にもとづくものであり、労働にあたるのではないか? だとすれば、この分の賃金が支払われないのは違法だ!」という申し出がありました』 『当社としては、この活動はボランティアであり、業務ではないと考えていますが、いかがなものでしょうか?』

では、今日のお話し神社の清掃活動時間は労働時間か?!についての社労士“K”の対応について興味がある!という方は続きを読んでくださいね…。

続きを読む

2006年03月01日

早期退職優遇制度と会社の同意

はじめに…
昨日「社会保険労務士倫理綱領」という記事を書いたところ、ブログ仲間である行政書士の藤森純一さんが「行政書士倫理綱領」という記事を書いてくれました。興味のある方は覗いてみてくださいね…。



では、今日のお話しです。
今日のお話しは、先週私を悩ませた『前払い退職金と社会保険料』(2月22日23日の記事)に関するお問合せをいただいたクライアントのY社長さんからのまたまたのご質問です。

Y社長:「早期退職優遇制度を設けようかと検討していますが、辞めて欲しいスタッフが残り、残って欲しいスタッフが退職を希望してきたらと考えると、制度の導入に踏み切れません…、何か良い方法はあるのでしょうか?」

社労士“K”の対応については続きを読んでくださいね…。

続きを読む
↓ 3秒で終了!!
Profile
リンク用バナー、etc…
★リンク用バナーです…
読めば分かる社労士の仕事


★メールもどうぞ…
お問合せは…


相互リンクサイト

ブログパーツ



気になるお天気


-天気予報コム- -FC2-